Archive

Posts Tagged ‘台中’

台湾での交流


今回の台湾は体調を崩してご迷惑をかけていまいました。
ですが皆様本当に親切にしていただき感謝しています。

なかなか会合など参加もできず、残念でしたが
知日協会の会合でお知り合いになった王先生のアトリエへ伺いました。
80代の王先生は日本が話せます。
今までの経験、そして作品の数々を拝見し、今でも意欲的に
色々なアイデアを考えていらっしゃる姿に感心いたしました。
お世話されているすういさん、たまたまいらっしゃったお弟子さんの劉さんもいい方で
先生を尊敬されているのが伝わりました。
連れて行っていただいたお食事もとても美味しく良い思い出です。




王先生を囲んで




台湾で体調を崩しどうにもならなくなり、病院へいくことになりましたが、
その時にご一緒いただいたよしみさん。お忙しい中付き添っていただいて感謝です。




よしみさんと一緒に




展示会にもお越しいただき、交流の懸け橋となっていただいた張さん。
最後の日に皆さんと食事をしました。




張さんと会食




ほかにもお世話になった方はたくさん、台湾の皆さまには本当に感謝しております。





作品 「心無罣礙」


さて先日の台湾で展示した作品をご紹介します。
「心無罣礙(しんむけいげ))」 心に罣礙無しとも読みます。
罣礙とは囚われるという意味。
そして無罣礙が囚われない、自由なという意味になります。
心が囚われず、そして自然である、これが「心無罣礙」となります。
般若心経に出てくる言葉ですが とても素敵な言葉だと思います。
お参りに行く律院に「無罣礙」という書作品が展示されていて
いつか私もこの題材を書いてみたいと思っていました。
明日は新年号が決まりますが、どのような未来になるかわかりませんが
こだわりすぎず、周りに感謝し、自由な心で過ごせたらいいなと思います。




心無罣礙




展示風景




台日工芸交流展 ご報告


3月12日から開催された台日工芸交流展へ参加いたしました。
日本と台湾の工芸、アーティストとの交流展で日本からは漆芸、陶器
ガラス、金工、皮革、染色など幅広い分野の作家さんが展示をされ、
台湾からは教育大の教授陣の作品が展示されました。
11日に台中に到着、大学生の皆さんによって設営を終え、
12日に開会セレモニーが開催されました。




開会式は学生のチェロの演奏から始まります。
代表、主賓のご挨拶があり、テープカット、ティーパーティーと盛大に執り行われました。
開催にあたり台湾の関係者の皆様には大変お世話になりました。
心より感謝申し上げます。
作品についてはまた掲載いたします。




開会式 会場風景




開会式をお手伝いいただいた学生の皆さん




台湾、日本 代表者の皆様




馬渡先生 ご挨拶リハーサル




学生さんによるチェロの演奏




テープカット




アーティストによる記念撮影




展示会場






台日工芸交流展 


3月12日~17日まで、台湾・台中での展示会に参加します。
工芸の作家さんと一緒に作品を展示し、台湾の工芸、芸術に触れ
皆様と交流することが目的となります。
会場はモダンな建築でも有名な国立公共情報図書館、とても素敵です。
初めてのことなのでどうなるかわかりませんが、
すべてのことを楽しめたらと思います。

海外出張の間はご連絡ができません。
お返事は20日以降となりますのでご了承ください。 (3月10日から3月19日まで)